« NHKハイビジョン放送のものすごい庭 | トップページ | J1 第33節 11/29,11/30 »

2008/11/28

おそろしくいらいらするんだけれど、ついみてしまうドラマ

おそろしくいらいらするんだけれど、ついみてしまうドラマといえば風のガーデン。

フジテレビ系列木曜22時から放送中。

ストーリーは、

知的障害を持つ息子とその世話に追われる妻をかえりみずに浮気(しかも浮気相手は無二の親友の妻)しまくった結果自分の妻を自殺に追い込んでしまった腕利きの麻酔医が末期ガンにかかって、結局捨てたはずの家族の元に帰って(おそらく)富良野の大自然の中の美しいガーデンで最期の時を迎える・・・

というもの。

出演している役者さんは皆達者だし、景色はきれいだし、音楽は美しいし、

でも、イライラするんですよ。

だってさ。

亡くなった奥さんかわいそーだろコレ。

ドラマを見る多くの女性が感じる、

「こんな浮気男、許せねえええ!」

という怨念情念をどう消化してくれるんでしょうか?
少なくとも私の周囲の女は「なんかイライラするドラマ」と言っている。

これが女性の脚本家ならば女がスカっとするように麻酔医をコケさせるシーンを作ってくれるんでしょうが・・・・。

ひょっとしたら風のガーデンにもそんなシーンがあったのかもしれませんが見過ごしてしまったのかもしれません。

何せ、北海道生まれ北海道育ちだけど「北の国から」は一切みたことがない私なので偏見が入っているかもしれませんね。

上野ガーデンの娘さんが作ったガーデンはマジできれいで見事です。
母もこんな庭を造りたいな、エゾエンゴサク欲しいなとぶつぶつつぶやきながら見ております。

母は旭川の上野ガーデンで苗を色々購入したことがあるんだそうですが、他にはない珍しいものが多くて一味も二味も違うとのこと。
「風のガーデン」の設計をした娘さんのお母様から野ぶどうを分けてもらったという母ですが、案の定その野ぶどうを枯らしてしまったのでした。

果たしてリベンジはなるのでしょうか?

|

« NHKハイビジョン放送のものすごい庭 | トップページ | J1 第33節 11/29,11/30 »