« 恒例行事 | トップページ | ふぶき »

2006/01/24

カルシウム

毎週末に妹一家をウチに呼んで夕食を共にするのが最近の習慣なんですが、その時4歳になる甥っ子が食卓でぽつりと言ったのです。


「おかあさん、いらいらしているんだから、わいんよりもぎゅうにゅうをのめばいいのに」


えー。ちなみにその日の献立は豚のしょうが焼きとキャベツの千切り、卯の花、味噌汁、という粗食であって、ワインなんかもちろんついちゃいない。

妹はすぐにそんなことないでしょー、とか言っていたが、4歳児にそこまで言われるようでは困るではないか。

イライラ防止にはカルシウムが良い、というのは大昔から言われることで、4歳児でも知っているほどの常識である。

ココで場を和ませるために母が昔話をはじめた。私たちがまだ小学生の頃、父兄参観日に行ったときのこと。

その担任の先生は職場を移ってきたばかりで大変に気合が入っていた。
毎日学級通信をかならずしかも長文の面白いモノを発行していた(もちろんパソコンなんてないのでガリ板刷りである)
父兄参観の授業も面白く、更に工夫がこらされていて、参加者は皆感動していたのでございます。
こりゃあすごく良い先生が来てくれたものだ・・・と。

その素晴らしい授業が終わり、母もその他の父兄達も、その先生と個別に面談をするために教室に残った。
そして先生がほどなく現れ。あたりさわりのない挨拶をした後で、神妙な顔をして話しだしたのだと言う。

・・・・私は反省をしているのです。

意外な言葉であった。母達は固唾を呑んで見守った。


・・・・・私は、何とかして早く環境に慣れて、授業も、行事も、体育も、一生懸命やってこどもたちに認められたいと思っていました。
しかし、それが逆に自分にとって重荷になってしまったのです。
毎日学級通信を書くことが特に負担になっていました。
私は毎日毎日イライラしながら、授業をしていたのです。
こどもたちはすっかり萎縮してしまい、また私もこども達に明るく接することができず、悩んでいました。

そして、ある日、私はイライラを爆発させてしまい、授業を自習にして、教室でガリ板を刷り始めたのです。
学級通信に、こども達が言うことを聞かない、静かにしない、どうしてくれよう、と書いてやろうと思ったのです・・・・。

険しい顔をしてガリ板に向かった私のところへ、一人の児童が近寄ってきました。
私は顔も上げずにいました。
するとその子は、ドンっと大きな音をさせて私の机の上に何かを置きました。

私はようやく顔を上げて机の上を見ました。するとそこには

ワダカルシウムの大瓶

が乗っていたのです

私がその子の顔を見上げると、その子はニヤリと不敵に笑って自分の席に帰っていきました・・・・・・・・。

先生は神妙な面持ちで沈痛に語ったのであるが、母は大笑いしてしまったそうだ。
母の笑いにつられてその他の父兄にも笑いが広がり、最後には先生も笑ったのだそうだ。

そして個人面談(といっても一人3分くらいだけれど)が始まって、母の順番が回ってきたとき、先生はおっしゃった。

・・・・実はお母さん、あのときワダカルシウムの大瓶を置いていった子というのはお宅のお子さんなのです・・・。

そうして先生は、ワタシがばーちゃんの戸棚から拝借したワダカルシムの大瓶を返してくれたんだそーですわ。

と、いうわけでヤナギ、カルシウムだぜ。

|

« 恒例行事 | トップページ | ふぶき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35233/8317717

この記事へのトラックバック一覧です: カルシウム:

« 恒例行事 | トップページ | ふぶき »