« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/28

世界は広い

鹿島アントラーズというチームは、Jリーグでは散々汚いとか空気読めとかラフプレー三昧とか言われ放題なんですが・・・・。

今日私は知った。

上には上がある、と。
いくらアントラーズでもあそこまでやらねー、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

ネットで覚えた言葉

30歳を過ぎてからパソコンにほとんどはじめて触り、周囲に誰も相談できる人がいないのでマニュアル片手に電源の入れ方から独学でやり、インターネットで色々な情報を見聞きするようになりました。

色々目からうろこが落ちる思いをしてまいりましたが、その中でも特に印象的なのが

報知は放置
サンケイスポーツは飛ばし

の二つでございます。

いずれも「スポーツ新聞の記事はアヤシイので鵜呑みにするのはやめときなはれ」という意味でございます。
芸能情報ならまだしも、「スポーツ」新聞の「スポーツ」に関する記事がアヤシイというのはとても悲しいことでございます。


で、そのサンケイスポーツが久々に飛ばしてくれました。

7/25の記事がコレで

7/27の記事がコレでやんす

わかんねーんなら記事にすることねえだろオイ。

全く、ヤナギの心配をする前にスポーツ新聞に文句を言いたくなる私でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

女子高生とメロン一玉

今年も我が家の座敷にはメロンがごろごろ転がっております。メロンは確かに美味いのですが、毎食毎食食い続けるのはとってもつらいのでございます。

何でこんなにメロンが転がっているのかと言うと、

1.父の実家から3箱(6個入り)送られてきたから
2.母が知り合いから夕張メロンのすごく安いハネものを4箱(4~6個入り)買って来たから

・・・なのでございます。
1はいつ送られてくるかわからない、2もいつハネものが出るかわからない・・・・

・・・・と言うわけで今年も1と2がダブってメロンがごろごろという事態になったのでございます。

おとなしく父の実家のメロンだけ食ってればいいじゃねえかと私は思うんですが、母はメロンにひとかたならぬ思い入れがあるらしく、ついつい買ってしまうらしいんですわ。

そして今年、何でそんなにメロンにこだわるのか、と私は母にきいてみたのでございます。

・・・それは母が女子高生だった頃のおはなし。
ド田舎の漁村に生まれ育った母は高校時代は生まれ故郷を離れて寄宿舎住まいをしておりました。
夏休み直前のある日、学校から帰ってきて寄宿舎の自分の部屋(10人部屋だったそうです)に入ると、10人分の机の上に一個ずつ、

「メロン」

が置いてあったのだそうです。同室の生徒の実家から送られてきたものだったそうです。

それで母はそのメロンを食ってみた。
ものすごーく美味しかった。
考えてみたら生まれてはじめて食ったメロンだった。
大昔なので部屋に冷蔵庫などなく、ぬるいまま食ったらしい。

・・・と、いうわけで母はメロンに執着をもつようになったらしいです。

ちなみにその3日後に学校から寄宿舎に帰ってみると、今度は一人一人の机の上に

「タラバガニ」

が一杯ずつ乗っかっていたそうです。同室の生徒の実家(網走の網本さん)から送られてきたそうです。

で、母はそのタラバガニをどうやって食ったのかも、どんな味だったかも覚えていないそうです。
漁村生まれ漁村育ちなのでカニは珍しくも何ともなかったということでした。

しかし女子高生にメロン一玉とかタラバガニ一杯とか・・・・・寄宿舎に入ったことにない私にはよくわからない世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/20

21日は明日

21日にメッシーナに対しての判断が下されるらしいんだが・・・・。

なんちゅーか、今までにも色々と困難に遭遇してきたのですっかりピンチを楽しむベテランになってしまったヤナギバカな私でございます。

ヤナギは今日イタリアに旅立っていきました。幸あれ、としか言えないわけです。

よく言われることですが、神様はその人が背負える分の苦難を与えるんだそーです。

というわけで信じることにいたしましょう・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

募集広告

急募
紫のバラの人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

仔犬

妹が、ペットショップから犬を買ってまいりました。
なんと10万円もしたのだそうです。

お金を払って犬を買うという発想を持たない私と母は、もちろん、

「10万円もあったら毎日カニを買って食った方がマシだべや」

とワンパターンの思考に終始しているのでございます。

で、その犬に追っかけられて泣きべそをかいているのが3歳になる甥っ子だったりします。

まー、その、なんだ。
その犬ってのは、

ミニチュアダックスフンドの
乳離れしたばかりの
仔犬

なんだけんどもなぁ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »