« いつのまに・・・ | トップページ | 眠い »

2005/06/03

ヤナギの1TOPを思い出してみる

今度は小野選手が骨折というショックなニュースが入ってまいりました。それでも1TOPをやるのか、やらないのか・・・・・・やらないんじゃないかと思うのは素人なんでしょうか。

とりあえず、ヤナギバカのはしくれとしてできることは、ヤナギが過去に経験した「1TOP」を検証してみることでございましょう。


※1TOPその1・本番前のテストで1TOP

2002年5月25日のキリンチャレンジカップ2002、対戦国はスウェーデンでした。当時の日本代表監督はもちろんフィリップ・トルシエ、滅多やたらにテストだのラボだのを繰り返していたのが記憶に新しいですが、この試合でやったのが「ヤナギ1TOP」。この年は「ヤナギ右サイド」のテスト&手を骨折というW杯の直前にそりゃないべってのがありましたので、今思い出そうにもこのときのヤナギ1TOPの記憶が薄い薄い。
確か中田が来ていて、小野もいて、森島もいて、稲本も戸田もいて、という布陣だった。そしてこれだけはハッキリ覚えているぞ。

「スウェーデンに先制されるわヤナギはシュートゼロだわで、後半結局鈴木を入れて2TOPに戻した」

結果はオウンゴールで追いついて引き分けでした。


※1TOPその2・他にFwがいなくて1TOP

2002年10月27日、Jリーグセカンドステージ第11節、コンサドーレ戦(ホームゲーム)

鹿島アントラーズの恒例行事「野戦病院」真っ只中+平瀬と鈴木がシーズン途中で移籍(もちろん二人ともFW)+W杯燃え尽き症候群でヤナギ泥沼という苦しい苦しい試合が続いたあのころに、ヤナギ1TOPで先発という試合がありました。
この試合の2試合前にヤナギが3枚目のイエローをすごく不注意な形でもらって出場停止になったために、「医者から足でボールを蹴ってはいけない」と言われていた長谷川が当時無敗で首位のレッズ相手に1TOPで先発出場しなければならなくなったんですが、奇跡的に勝利した、その次の試合がこのコンサドーレ戦です。
因みにそのレッズ戦の直前にあの有名なレッズの福田選手による「負けないよ」宣言が発せられたのでございました。

話は戻ってコンサドーレ戦。ヤナギの1TOPも不安でしたが、ワールドユースもオリンピックもW杯もレギュラーで出場した選手なんだからなんとかしろや、と既に私は投げやりでございました。もっと怖い「右サイドバックが青木」が気になって気になって仕方なかったのです。
タダでさえ野戦病院のアントラーズなのに、この試合で熊谷とアウグストがケガで途中退場してエライことに・・・。
熊谷のところに青木が移動して、右サイドに池内が入ることでそれほど怖くなくなった?のはプラスだったものの、アウグストのかわりにレッズ戦で1TOP先発した足に爆弾をかかえる長谷川が入ってきた時には「ヤナギ何とかしろっっ」の極致でございました。

結局降格一直線のコンサドーレと野戦病院増築中のアントラーズの戦いは延長までもつれこんでアントラーズが勝利したのでございました。この試合でヤナギは2ゴールを挙げています。


※1TOPその3・相方がレッドカード食らって1TOP

2001年12月2日 Jリーグチャンピオンシップ第一戦 対戦チーム・ジュビロ磐田(会場はエコパ)

ヤナギはぼや~とした顔をしてはいますが、実は大変キレやすい選手です。ですので2TOPの相方が退場するよりも、自分自身が退場することの方が圧倒的に多いのでございます。ちなみにこの年2001年の「J1でもっともレッドカードを食らった選手」はヤナギでした。これだけでもアントラーズとしては大迷惑な話ですが、更に問題だったのは「この年2番目に多くイエローカードを食らった選手」もまたアントラーズのFWであったという事実でございました。
2001年のチャンピオンを決める大一番のまだ前半37分、ゴールのまん前でジュビロの福西に首投げされて体勢を崩して伸ばした手にボールが当たってこの試合2枚目のイエローカードを食らって退場してしまったのがその「準イエローカード王」鈴木でした。
ちゃんと見ろい、いくらなんでもボールに手で触っちゃいけないくらいみんなわかってるべや岡田M義めっ。罵ってももう遅い。ガンガン攻めるジュビロもまたゴンちゃんの1TOP(確か高原がアルゼンチンに行ってたはず)だったんですが、ゴンちゃんすげえやだてにワールドカップで点取ってねえや・・・・・・。あっという間に2点取られてスコアは2-0。
しかし、ここから追いついて、二戦目でひっくり返すのがアントラーズの底力というものなのでございました。
ヤナギはこの試合後半36分に交代、替わって入った平瀬が同点弾を叩き込んだのでございました。


結論。ヤナギの1TOPは負けません。

|

« いつのまに・・・ | トップページ | 眠い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35233/4393637

この記事へのトラックバック一覧です: ヤナギの1TOPを思い出してみる:

« いつのまに・・・ | トップページ | 眠い »