« おねいさんがコワイ | トップページ | 法事が二回ある家 »

2005/04/07

そのむかし

その昔、といっても大昔ではないけれども、「コンクラーベ」という競走馬がいた。確か関西馬だったと思う。
私に限らず競馬ファンの多くは
「勝負根性のいい馬になりますように」と馬主氏が願いを込めて命名したのだと思い込んでいたのだが、当時某競馬雑誌の「珍馬名特集」の中で
コンクラーベは根比べではない、と暴露されたのを見て軽くショックを受けたのは覚えている。
覚えているのだが。

結局つい先日まで何年もの間
「コンクラーベは根競べではない」としか理解していなかった。由来もあの雑誌に書いてあったはずなんだが全く思いだせん。

更に数年前に母と妹が激安のヨーロッパパックツアーに行ったときにえらい分厚い「バチカンの本」をみやげに買ってきてくれたので隅から隅まで読んだはずなのだが、やっぱりコンクラーベのことは覚えていない。


で、そのローマ法王について少し触れている今日更新の中田ヒデ選手のメールを読んだわけで。
私はサッカー選手の日記は殆どヤナギ以外のものは読まないんだけれど、まあ読んでしまったわけで。

読めば読むほど現在の彼のおかれた立場の苦しさとそれでもオレはオレなんだぜ感がひしひしと迫ってくるけれども。でも。それを書いて公表してどうなるのだ?と問いたくもなる。


まー。私にとって中田英寿といえば7年前から
「ヤナギにまともなパス出しやがれ」
・・・という評価に決まってるからこう思うのかもしれんが。

中田よりもさらに厳しい立場にいるはずのヤナギの日記は
「本場のイタメシよりも日本の某ファミレスの290円のドリアの方がウマイよ(^^)」
・・・・となっていてこれはこれで涙が出るんだよ。泣ける。うん。中田のメールよりずっと泣けるよ。

・・・・・いや結局コンクラーベと関係のない話になってるしワシ。

|

« おねいさんがコワイ | トップページ | 法事が二回ある家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35233/3604233

この記事へのトラックバック一覧です: そのむかし:

« おねいさんがコワイ | トップページ | 法事が二回ある家 »