« 天皇杯勝った | トップページ | ぎっくり腰 »

2004/12/13

忠臣蔵を見てしまった

テレビ朝日系列で放送されていた忠臣蔵の最終回を結局見てしまいました。
母はごたぶんにもれず忠臣蔵が大好きなわけで。このほかにNHKの「最後の忠臣蔵」まで見ているわけで。
今日の忠臣蔵は大石蔵之助を松平健が演じる正統派のものなんだが、「最後の忠臣蔵」はいきなり初回が討ち入りという、ボーっと見てるとわけがわからなくなる意欲作であります。討ち入りの後日談でんがな。

毎年この時期になると衛星放送などで忠臣蔵をやってくれるんで、色々と見るんでやんすが、昔の俳優さん、女優さんは所作がきれいでええですなあ。母が一番好きなのはなぜか美空ひばりが出てくるヤツだそうです。前半部分で、吉良にネチネチといじめられるが、家臣たちがなんとか挽回していくのをこれでもかこれでもかと描写します。タタミを直さなくては、とか料理を間違えた、とか、衣装を間違えた、とかそのたんびに内匠頭があああ、もうだめだぁああああ、と崩れ落ちる様に大笑いしたもんです。そしてあんなに家臣たちがガンバってくれたのを内匠頭がキレて台無しにしてしまうのがなんとも空しく感じられるのです。
因みに私のおきにいりの忠臣蔵は10年以上前にフジテレビで放送されていた、大石内蔵助を北大路欣也が演じた連続ドラマのやつでした。世良公則の堀部安兵衛がすごく印象的でした。あとオープニングが毎回、雪の中を討ち入りするという名場面を使っていたのも・・・・・。
・・・・・・、ああ、雪かきをせねば・・・・・

|

« 天皇杯勝った | トップページ | ぎっくり腰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35233/2259002

この記事へのトラックバック一覧です: 忠臣蔵を見てしまった:

« 天皇杯勝った | トップページ | ぎっくり腰 »