« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/29

5歳児を託された女

こないだの日曜日はたいへんだった。
この日、妹の職場で運動会があるというので私以外の家族たちはみんなそちらへ行く予定であった。かわいい?姪っ子と甥っ子を写真に撮ってやろうということらしい。私は一人家に残ってこころゆくまでネットサーフィンだの懸賞応募だのHPの更新だのをやって、ここのところほったらかしにしてあったパソコンをかわいがってやるつもりだったのだ。
朝八時すぎ、家の外から5歳になる姪っ子の泣き叫ぶ声が突然聞こえてきた。
「いやだ、いやだ行かない、行かないんだもんっ」
運動会に行きたくねえ、と駄々をこねているのである。まー、子供にはよくあることだ、そのうち機嫌を直すであろう。
そうこうしているうちに、妹の車に家族たちは乗り込んで、まだ泣いている姪っ子一人を除いて準備万端整ったのである。しかし姪っ子は機嫌を直すどころかさらに大泣きを続ける。
うぎゃああああああ~~、行かない~~~、行かないんだもん~~~!
車にも乗らず泣き続ける姪っ子に優しい言葉をかけ続けていた妹がそのとき、ついにキレた。

「わかった、もういい、そのまま泣いてなさい!!!!」

腰に手を当ててそう宣言すると、妹はウチの玄関のドアを開けて姪っ子をウチに押し込んだのである。そしてそのまま扉を閉めて出て行ってしまったのである。
うぎゃああああああ~~~っとさらに泣き叫ぶ姪っ子(そりゃそうだ)。ほんの少し距離をおいて頭を冷やさせようという作戦らしい。
私はつとめて優しく姪っ子に語りかけた。「A子ちゃん、ご機嫌直してお母さんの車に乗せてもらお?ね?」
姪っ子は泣きんがらうなづいたので、私はそっと玄関のドアを開いた。
しかし。そこについさっきまで停まっていた妹の車は影も形もなかったのだ。あまりのことに姪っ子が泣き止んだ。
姪っ子はそのままふらふらと道路に出て左右を見渡した。車はいない。さらに歩き続けて(もちろん私は後ろからついていった)道路の角までやってきたが、やっぱり車はいない。

・・・・妹の野郎、泣きじゃくる5歳児を置いていきやがった!!!!

私はボーゼンとした。言っちゃなんだが、私はこどもが大嫌いだってのに、何で置いていきやがったあやつは。
しょーがないので、冷凍庫にしまってあったアイスクリームや仏壇にあがっていた和菓子とかを全部出してきてご機嫌をとり、トトロのDVDを見せ、ウチのアホ犬と遊ばせ、絵本を読んでやり、ピアノを弾かせ、プリキュアの歌を歌わせ、必死に疲れさせてなんとか寝かしつけたのでございます。

妹たちが帰ってきたのは午後になってからであった。車の中で私の心配をしてくれたのは今月三歳になったばかりの甥っ子だけであったらしい。ああヤダヤダ。

ヤダヤダといえば、もう、アレである。一年に二回もインフルエンザにかかるよーなヤツは日本代表に入れないんだぜ、ヤナギ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/24

ダイエットマジメにするぞ

TDLやら横浜ランドマークやらのホテルの朝食バイキングで皿に山盛り食べていた癖がまだ抜けない怠惰な私は、今日も冷凍の枝豆半袋ととうもろこし1本を平らげてしまい、これではイカンと考え込んだのでございます。(考える前にやめればよいと思うんだが、そうもいかんのである)
私は糖質が大好きだ。炭水化物が大好きだっ。いわゆる「ホクホク系」には目がないのである。食欲の秋にはイモやら栗やら私の大好物が次々に出てきて惑わしてくれるんである。今日から10月一杯まで鈴木式にしよーかという気分になってくるのさ。
イカン。これは典型的な「腹減った、でも食えん、イライラするぜ」という内心が現れている文章だ。炭水化物から離れないとエライことになっちまう。
我らが鹿島アントラーズは清水エスパルスと対戦して0-0というスコアで引き分けて勝ち点1をゲットした。3年くらい前までならば「ホームで」「エスパルス相手に」「引き分けた」というのは上々の結果なのだが、せっかく上位チームがコケてくれたのに引き分けというのはこたえるんである。

だがしかし。諦めは禁物である。この先上位チームがもっと崩れることが予想される。Jリーグの優勝争いをなめてもらっては困るのだ。特に終盤の優勝のかかった局面でのプレッシャーたるや「若手ばっかり」のチームや、「外国人FWにオマカセ」のチームでは乗り切るのは大変だぜ。誰もが自信を持っていて、誰もが点取れるチームじゃないとキツイよ。
アントラーズにはまだ、ファビオジュニオールの全快復帰という切り札があるのさ。

それにセリエAなんて昇格してきたばかりのメッシーナがローマやらミランやら倒しちゃって大波乱ですがな。(ヤナギは出てないけどさ。)
でもさすがにユベントスは三連勝しとります。次の次の試合でメッシーナと対戦する予定なんだが、まさか、勝っちゃったりしないよな、まさかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/20

買い物

周りが調子がいいときに、一人だけ調子が悪いヤナギ、自分が調子がいいときに限って周りが調子悪い確率高いヤナギ。
結婚しようが、移籍しよーが、この傾向はなかなか変わらんのだな・・・。
まずはインフルエンザを治せ、ハナシはそれからだ、全くもう。
で、イライラした気持ちを抱えたまま、なぜかデパートで開催されている「第28回江戸老舗めぐり」に行って来た私なのです。
なんてったってこういうものが好きなのは母なのですが、ご友人とランチする約束をしてしまっただかなんだかなので、替わりに行くことになってしまったのです。
買うものは決まっている、「中村屋」の白かりんとう、「榮太樓」のマメ大福の二つだ。黒砂糖が大嫌いな母は、白かりんとうしか食べないのだが、その中でも中村屋が一番だ、と言って聞かないんであーる。どこがどう違うんだ、と毎年論争になるのが面倒くさいんだよな。
それから行列ができるとかいう榮太樓のマメ大福、高いぞ、一個189円だぞ、大福さまなのだぞ。去年はモチ米が不作だったから、仕方ないかもしれないわけだけれども・・・・。

で、私はこのふたつの商品を難なく手に入れて、ぶらぶらと売り場を歩いていたわけだが、そこでものすごい物を見つけてしまったのです。
何と、一人前千五百円!の親子丼、えええええ~親子丼が四桁ってあーた、さすが東京は物価が高いぜベイベ。さすがにたかっている客はいない。物珍しげに足を止めた私に、販売員のおばさまが説明をしてくださる。いわく、味の濃い比内地鶏を使っているからこのお値段なのよ、それからすごく新鮮でおいしい卵を使っているのよ、この卵も高いのよ~、おいしいのよ~。
・・・・きっと鶏肉と卵だけではなく、米やしょうゆも上物なのであろう。
半熟とろとろに火を入れる職人の心意気も上物なんであろう。食いたい、食いたいが千五百円、一人前だけ買って帰るわけにもいかん。
私は考えた。じっくりと検討した。そして答えを出した。

「この卵ください」

そう、親子丼に使っているのと同じ卵が10個1パック700円で販売されていたのである。
ごめんな、おばさま、比内地鶏はまた来年ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/16

台風を乗り越えたら・・・

台風が去り、テレビアンテナの無事を確かめ、今週末のメッシーナvsローマの試合を見るべく気合を入れていたら・・・・・

またしてもお熱で寝込んでしまった誰かさんに頭を抱えたのは毎年恒例のことだったのさ。
まあ、ヤナギのお熱にはもう慣れっこだし、はよ治せや・・・・とのんびり構えていたらば・・・・・・
スカパー勘弁してくれ〜〜〜。
ヤナギは・・・・正直なはなし出番少な目かもしれんが、中田どうすんのさ、コレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/15

だるだるな女

旅行疲れでまだまだだるい女なのであります。
台風18号が北海道を直撃してくれたおかげで後始末がけっこう大変だったりしました。
ウチは築40年のボロ屋なもんで、正直なはなし、屋根がふっとんでいるんじゃないか、とすごく心配していたんですが、屋根もアンテナも全部無事でした。
が、ウチのアホ庭の鉢植えは七割り方被害を受けました。(もともと手入れが悪いからなのかもしれんです
旅行中、ひたすら歩き続けたため、もう、脚がぱんぱんです。あんなに朝から晩まで歩き続けたのに体重が減るどころか増えたのが、なんだかなあ・・・・・。
で、ネットから離れていた間のアントラーズとヤナギの動向を調べたりいたしました。ああ、アントラーズ、ナビスコカップ敗退してしもたのね・・・・・、でもJリーグで超久々にセレッソに勝ったのね・・・・・。ヤナギは前哨戦でなかなかの働きをしたのにセリエAの開幕戦では出番なしだったらしい・・・・。んでもって今夜のカップ戦で出番あるかな、と思われていたんだが、もう、毎年恒例の「体調不良」でどうもアヤシイらしい・・・・・・・・・・・。また風邪かよお、青汁飲めよ全くもう!!!!
かわりに私が青汁を飲むことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »