« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004/04/27

クッキーを削除した女

つい、うっかりクッキーを意味もなく削除してしまいまして、
すっごく不便な思いをしております。
まず「はてな」のIDとパスがわからん。
なんだったろう、探すこと5分、ようやくわかりやした。
そのほかにも不便なことがたくさんたくさんあったわけで
ああ、あまりにもたくさんあるので書きたくないわさ。
書きたくないと言えば、もう、ここんとこのヤナギの現状で
ありまして・・・・・・・・・・・。
ああ、書きたくねえ。
明日代表戦があるけれども、どもどもどもどもども・・・・
・・・・・ああ、書きたくねえ。
ヤナギを応援するということはだ。
「走れタカハシ」とは大違いなわけだ。
期待してテレビ見つめてタカハシ(元広島カープの高橋選手)
にさあ、走れ、盗塁して見せてくれ、わしらを気持ちよくさせてくれ、ていうのとは全然違う。違うったら違う。
ヤナギを応援するということはいつ現れるかわからんヤナガシワを待ちわびる・・・・というのともまた違う。
うまくは言えんな。もう、ここまできたら理屈じゃあないのよ。
いかにも軟弱そうな外見はしているけれども、見た目通りに軟弱なヤツではないあやつを地道にしつこくじっと見ている。ただ見ている。いや、これもまた違うな。
書きたくねえといえば、最近のダイエットの経過についても書きたくねえ、てわけで、もう。
姪っ子と甥っ子襲来のストレスはものすんごい。やつらが抱えている離婚のストレスまで一緒にぶち当たってくるもんだから、もう、一家そろってグッタリっすよ。そーするとどーしても甘いもんに手が・・・・手が・・・・。ああ、書きたくねえ〜〜〜。
しかし、今日、私はふと思った。
甘いもんが食いたかったら、低カロリーの甘いもんを食えばいいのではないか?
よし、これだ。とりあえず低カロリー甘味料でレモン寒天でも作ってストックしておくべ。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/04/17

経過報告(なんちゃって)

今日のセレッソには勝てる気がしてならない。
負けるときはいつも守りを固められて負けてきたわけだが、
今のアントラーズ相手にがちがちに引いて守ったりしないだろー、セレッソはよ。それからアントラーズがセレッソに負けたときには大抵ジュビロもセレッソに負ける、もしくは苦戦しているんだが、今ステージはそんなこともないわけで。私の予想は0−3でアントラーズ勝利。長居のジンクスが破れる、と見るわよ。
で、一ヶ月近く日記も書かず、HPも更新せず、でいた訳をどうかきいてくださいませ。
今年に入ってからダイエットにも更新にもなかなか身が入らないような悩み事がございました。それは妹の離婚問題というやつです。
まあ・・・・共稼ぎで育児が忙しくてダンナが息がつまって外に女をつくった、という古典的な離婚劇なんですが。
私らは離婚歴日本一の北海道人なわけで、だったら別れちゃいなさい、の一言で済ませたわけですが、ダンナは東京出身なわけで、まあ、けっこうもめにもめたわけです。
で、ともかくすったもんだの末にようやく完全に離婚して別居したのが3月の末のことでした。
はー、やれやれ。と思ったのもつかの間、ここからがかなり大変だったりしました。
妹には二人こどもがいまして、どちらも引き取ったんです。
二人とも赤ん坊のころから保育園に通っていたわけですが、
この保育園、年度末は4日間お休みなんですわ。事務的な引継ぎとかなんとかがあるからなんですが、妹は年度末が忙しい職種なので、私と母とで子守をすることになりました。
これがっこれが、ああああああああああああ〜〜〜って感じでもう。
離婚問題でささくれだってるのはこどもたちも同じことなので、昼寝はしない、モノは投げる、すぐにだっこって言う、1日中はしゃぎまわる、すぐ泣く、と大暴れでした。
さらに、妹としては苗字がかわるから新しい保育園に転入させることにしたんですわね、新年度から。
新しい保育園は前の保育園よりも家から近いし、保母さんの数も多いし、熱心だし、いいことずくめなのです。さあ、新生活がはじまるで、がんばろーぜ、と思ったんですが、なんとその保育園は年度始めが三日間お休みだったんです!
もちろん妹は年度始めも忙しいので私と母が子守をいたしました。
うああああああああああああ〜〜〜〜〜〜っ。
さ、さらに、さらに、新しい保育園は、ふたりのこどもたちを新しい環境に少しずつ慣らしていきましょう、とおっしゃる。
つまり、最初の3日間はお昼ご飯を食べずに家に帰る、その次の2日間は、2歳の甥っ子は12時まで、4歳の姪っ子は15時まで、
さらにその次の3日間は2歳の甥っ子は15時まで、4歳の姪っ子は18時(本来の保育時間)まで・・・・・・・。
・・・・・・・・・あの、暴れたいさかりの4歳児と2歳児を、山積みの着替えの詰まった袋をかついで連れ帰ってこなくてはならん、それも時間差で!特に2歳の甥っ子はおそろしく甘ったれで、すぐにだっこをせがむ。トシ相応といえないこともないんだが、しかし、歩けや、そろそろ三歳なんだし。家から保育園までは大人の足で3分くらいなんであるが、甥っ子は角を曲がってウチが見えると、だっこをしてくれとせがむのであります。しかも「もうオウチ見えるからだっこしてもいいでしょ?」とか言うのである〜〜〜〜〜〜〜〜っだあああああああああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜っ
・・・・この時点で私も母もかなり参っていた。正直なハナシ。
しかし、夕方にこどもたちを妹に引き渡してしまえば、そこで任務は終了である。その後ネットでもなんでもできるはずだったのよ、普通に考えれば・・・・・・・・・。
夕食をとり、食器を洗い、さあ、ネットでもやるかなあ、と思ったそのとき、電話が鳴ったのであります。受話器からは4歳の姪っ子のかぼそい声が聞こえます。なになになに・・・・・・・?え??
「あのね、おばあちゃんの家に泊まりに行ってもいい?」
母は軽く考えていいよ、泊まりにおいで、と言ったわけだあ。
ちなみに姪っ子はそれまでただの一度もウチに泊まったことはなかったのだ。何回も母は誘っていたのだが、そのたびにこわい、だのいやだ、だの言って泣いて断ってたのだ。それが一体どーゆー風のふきまわしで??????・
・・・・・推測であるが・・・・・・・・
2歳の甥っ子が甘ったれなので、妹はどうしてもそちらにばかり目が行ってしまう。姪っ子は表面上良いお姉さんを演じているのだが、夜になると自分も甘やかしてほしくなって、ウチに泊まって弟のいないところで存分に甘えよう、という作戦らしいのだ。
おねえさんを演じることをやめた姪っ子はものすごい勢いで走り回り、しゃべりまくり、夜の8時になると布団にはいって指をしゃぶりはじめるんですが、ちょっとでも灯りがついているとゼッタイに寝ない。寝ないったら寝ないんである。私のパソコンは数年前にビッグカメラでバーゲンやってるときに買ったものででかくて重くてうるさいのである。つまり、パソコンやってると姪っ子はいつまでも寝ない、とこういうわけなんですわ。
しかも、このビデオもなけりゃおもちゃもないこの家に姪っ子は毎晩やってくるのだ。よほどのストレスがたまっているのであろう。
昨日はついに甥っ子まで泊まっていきましたわ。この子はなかなか寝ない上に朝は4時に起きる、というスゴイやつです。
・・・・・そんなこんなで、パソコンに向かう時間がおそろしく短かった上に、書くべきことをなかなか思いつけない(雑念が多すぎて)状態が続いてしまい、代表戦でシュートを外して外して外しまくったヤナギを見てガックリして「スカイハイ2ねた」を「ひねもすヤナギ」にUPしたのと、単純作業であるネットお小遣いよろづ無料登録所の相互リンク受付以外はほとんど手につかない状態でありました。
保育園も一段落つきましたし、姪っ子もだいぶ落ち着いてきたみたいなので、これからは毎日ネットできそうだと思います。
もしも、日記を書いていない日があったら、「姪っ子が泊まりに来ているのね」と思ってやってくださいまし。
ご心配をおかげしましたが、マミコは一応元気でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »